分解して入れ直したにも関わらず、

 

 

計れたり、計れなかったり〜の繰り返しで

結局、初号機とはお別れして、弐号機になりましたぁエヴァ笑

 

本体もカフも気にくわないんだけど、

静かに働いてくれてるのがイイところ〜かなちゅん

 

それだけ、初号機のモーターが悲鳴をあげてたんだねェ汗アハハ♪