いざ!鎌倉♪ @鎌倉アルプス (11/26・後編)

こんばんわ♪

 

12月突入〜〜ってことで、

今年のカレンダーも残り1枚になりましたー。

 

先週の土曜を27日と勘違いして…ボケまくっております。

誰かにツッコまれる前に、記事修正しないと!^^;

 

さて、11月26日・前編からのつづきです。

 

 

空中を旋回しているトンビやカラス達。

隙有らば、食事に有りつこうと、彼らも(彼女たち?)必死です。

 

いたずらに食べ物を掲げたのか?

何度も急降下してくるトンビ。

 

トンビを警戒して、笛を吹く人もいるから、落ち着かない。

今日は人も多いから、

ここは早々、退散した方が良さそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(振り向いて、大平山)

 

ランチ後。

 

 

 

(積雪…日影にわずか残るのみ。)

 

大平山を後にして、瑞泉寺方面へ。

 

 

横浜市の最高地点。

 

 

鎌倉市との市境のようです。

 

 

日当たり良い〜六国峠。

 

空いてるし、日当たり良いし、

ここで、ランチにすれば良かったな。

 

(左:瑞泉寺/右:獅子舞)

 

どちらも、鎌倉宮へ行くルートですが、

 

 

ここは、未踏の獅子舞谷へ下りて行きます。

 

(田んぼ状態)

 

今まで来た道より、一番酷い泥濘道。

 

畔道の如く、

足を付く度、にゅるにゅるーと動く地面です。

 

 

登ってくるソロの女性達がチラホラ。

 

何度も声掛けられ、同じ質問をしてきます。

 

 女性A「この道、こんな状態は、ドコまで続くのですか?」

 

 れれ「残念ながら、上まで…。

    瑞泉寺分岐まで、こんな感じですー。」

 

 女性B「立ち止まっても、動いちゃうのよー」

 

 れれ 「転びたくないですもんねぇ。

      急がず、ゆっくりでイイですよ〜。」

 

 女性C 「こんな道だと知ってたら、この靴で来なかったのに…」

 

 れれ 「(残念なオサレ靴を見て) あららららら…。」

 

 

黄色いのは、銀杏の樹。

 

 

黄色 ときどき 赤。

 

 

モミジは、青葉が多くて、

紅葉にはまだまだ早過ぎ…のようでした。

 

聞けば、獅子舞谷の紅葉は、

12月中旬辺りにならないと色付かないとか。

 

房総より遅いの??嘘でしょ〜〜

 

 

獅子舞谷を大分降りてきて、

 

 

黄色い絨毯の道を行く。

 

 

振り返って、モミジ林に別れを告げます。

 

(木橋を渡るときは走らないように!)

 

二階堂川を何度も渡って、

 

 

どんどん下りて、

 

 

 

無事下山しました。

 

しっかし、

獅子舞の英訳は、コレでいいのか??

 

shishimaiでしょ〜〜

って、道標に要らぬツッコミ入れる私。オイオイヽ(-_-;)

 

 

次は、瑞泉寺へ向かいます。

 

 

見覚えある瑞泉寺。

 

境内を見てる時間無いので、ここでUターンします(笑)

 

(ツワブキ / 紅葉  / 永福寺跡 / タンキリマメ )

 

 

鎌倉宮。

 

ちょっと休憩してから、鶴岡八幡宮へ。

 

(魚三商店さん)

 

途中、「天日干し」のお店に、吸い寄せられたり〜

 

「大安売り」の幟に吸い寄せられたりしながら〜(笑)

 

 

 

 

鶴岡八幡宮へとうちゃこ♪

 

 

屋台を眺めながら、次の寿福寺を目指します。

 

(鎌倉市川喜多映画記念館にて)

 

顔ハメ看板が3つあるんだけど。

 

左は、マリリン・モンロー。

中央は、E、Tとエリオット。

 

問題は、一番右です。

 

「タイタニック」のヒロインが…。

この人、誰よ〜〜??

って、ツッコミしたくなっちゃう位、

フォルメしすぎだと思いませんか〜〜??(^^;;;

 

 

寿福寺。

 

 

和装のカップルが1組。

 

赤い着物が景色に溶け込んで、素敵でした。

 

 

英勝寺の前を通り過ぎて、

 

 

センニンソウ。

 

 

海蔵寺。

 

本日、最後となるお寺さんです。

 

 

数ある寺の中でも、

 

茅葺き屋根の珍しいお寺さん。

 

(小菊&万両 / 茅葺き屋根 / 鐘楼 / ビナンカズラ)

 

 

苔の上の落ち葉を、細かく演出しながら、

お庭を掃除してるお坊さん。

 

日本の『わび、さび』

 

静寂の中の美意識と云うか、

遊び心のような、おもてなしされてるような…。

見てるコチラがほっこりしちゃう場面でした。

 

 

海蔵寺を後にして、岩船地蔵堂。

 

 

亀ヶ谷(かめがやつ)切通し。

 

 

心臓破りの急坂を登って降りて、

 

 

ようやく、北鎌倉駅へ戻ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

****************************

◆山行日   2016.11.26 (sat)      晴

 

北鎌倉駅(10:34)→円覚寺→明月院(10:51/11:20)

→登山口(11:31)→大平山(12:36/13:07)

→永福寺跡(14:08)→瑞泉寺(14:16)→鎌倉宮(14:30)

→鶴岡八幡宮(14:59)→寿福寺(15:12)→英勝寺(15:19)

→海蔵寺(15:30/15:44)→亀ヶ谷切通し

→北鎌倉駅(16:10/16:16)

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

Comments

Leave a Reply