春の息吹と、草花遊び @千葉県・北総台地 (3/18)

こんにちわ。

 

さて、3月18日。

 

(コブシの花)

 

咳も、大分落ち着いてきたし、

ゆるゆる散歩なら大丈夫そう。

 

今日はマスクを着けながら、

いつもの観察会に出掛けてきました。

 

 

 

 

お彼岸入りした3連休の初日。

 

春めいた天気に誘われて、

参加者30名。

いつものように、ゆるゆる出発です。

 

 

初っ端から、難問。

 

何?何?何の芽だろう???

 

答えは、ウラシマソウ。

 

葉っぱよりも、釣り糸の方が先に出るんだそうな。

 

 

雑木林の下には、タチツボスミレや、

 

 

アオイスミレ。

 

 

針葉樹の下には、ヤマネコノメソウが咲いていました。

 

 

フェンスには、去年のセミの抜け殻。

 

泥付きではないので、ニイニイゼミでは無いっ(確定)

 

アブラゼミやミンミンゼミより小さいような??

 

もしかして、ヒグラシかな??

 

 

遠目でも存在感のある…紫色のお花畑。

 

 

ムラサキハナナとか、ショカッサイとか…

色々、呼び名があるけれど。

 

本名は「ハナダイコン」と言います。

 

 

植物の新芽を確かめながら、

 

水辺へと下りて行けば、

 

 

オタマジャクシでいーーーっぱい。

 

先月見たニホンアカガエルの卵塊が、無事孵化したようです。

 

体長2cmほどのオタマジャクシですが、

こんな小さな体でも、しっかり、目が2つあるんですよ。

 

写真は撮らなかったけれど…。

拡大レンズ付き観察ケース!!

という、優れものがあって〜〜き理科の授業のようでした。

 

観察終了後、オタマジャクシには帰ってもらって。。。

 

(巻貝の一種:カワニナ)

 

コチラは、水深深めで、流れのある用水路。

 

水中にゆらめく苔の近くに、カワニナがいました。

 

…ってことは、ホタルがいるのかしらねぇーー??

 

 

笹舟ならぬ…観音竹舟が、ゆらゆらと流れて来ました。

 

   わぁ〜〜懐かしい!!かお

 

って言った途端、転覆しちゃったよ〜〜ありゃりゃ顔文字汗汗

 

木の枝で救助するも空しく、転覆しまくり。

 

笹舟は、一度、濡れちゃうと、ダメなんだよねぇ〜ちゅん

 

(バッタの正体は、シュロの葉っぱ??)

 

歩きながら、チマチマと何か作ってる人がいるなーー

って思ってら、バッタだよ〜〜びっくりビックリ

 

オチビちゃんが持ってた虫かごが空っぽで可哀相。

って、兄妹の2人分作ったんだって。

 

まさに芸術作品なり〜〜!!きかお手

 

 

でんでん太鼓のように遊ぶ。

ナズナの別名は、『ぺんぺん草』

 

ラッパのような音が出る。。『ホトケノザ』

 

(トウダイグサ)

 

シロツメクサの花冠や、たんぽぽの水車などなど。

自然の中で遊んだ子供時代を

懐かしく思い出した〜〜自然観察会なのでした。

 

 

皆さんとお別れした後、場所移動。

 

電車の中で寝過ごすと云うハプニングを乗り越え汗

 

ヤレヤレ。やっと目的地へ到着したよ〜〜

 

(日向ミズキ)

 

ホッとしたのも、束の間。

 

モノの見事に刈払いされてぇ〜〜

2ヶ所とも、トホホな結果でございました。。。ゆう★

 

このまま、手ぶらで帰りたくないし。

何か、他にもあったっけ?考えるもやもや

 

んーと、んーと。

 

あっっっ!!ひらめいたーー一休さんひらめき

 

 

早咲きの桜〜〜!!顔文字

 

 

咲いててくれて、アリガトウゆう★しあわせき矢印上

 

 

終わり良ければ、全てヨシ??

 

そろそろ帰るとしましょう〜〜ゆう★

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

☆自然観察会・参加の皆様、お世話になりました。

 

☆Tさんご夫妻&ご友人様

   

   花の案内&運転、ありがとうございました!

   思いがけず、楽しい1日になりました♪

   また何かありましたら、ヨロシクお願いします<(_ _)>

   

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

Comments

Leave a Reply