浅き春の @山ノ神自然園P〜1,025m峰〜霧訪山 (4/23・前編)

こんにちわ。

 

ゴールデンウィーク後半に突入

休日の方も、そうでない方も、楽しいGWを!!

 

さて、4月23日。

今回の記事は、前編・後編の2部構成です。

 

 

久し振りに、地形図の世界に誘われて、

 

8年振りの霧訪山へ。

 

未踏であるマイナールートを、のんびり歩いてきました。

 

 

(甲府駅南口)

 

集合場所は、甲府駅南口。8時ちょい前。

 

北岳へ登って以来、久し振りの甲府駅です。

ナント!8年振りということで笑

駅ナカも、駅前も、少し変わって、ちょっぴり新鮮〜ゆう★ポケモン

 

先ずは、変らぬ場所に鎮座していらしゃいます…

武田信玄の銅像に、遠巻きながら、朝のご挨拶。

 

ピカリ☆さんと、

今回初めましてのwakangaさんと無事合流して、

挨拶そこそこに、一路、塩尻方面へ向かいます。

 

(八ヶ岳SAにて)

 

朝こそ、雲が多かったけど、

どんどん雲が切れて行って、雲1つない青空に。

 

今日は、なんてドラマチックな朝なんだろう〜〜

幸先良さそうな予感がするぅ〜〜わくわく

 

 

 

皆さん、朝はまだ…と言うので、

 

コーヒーを飲みながら、軽い朝食に付き合って、

 

(8年前の画像です)

 

山ノ神自然園へ。

 

準備が整ったら、先ずは、たまらずの池を目指します。

 

(たまらずの池)

 

尾沢峠分岐は、左へ。

 

たまらずの池に沿って、ゆるゆる下りて行くと、

池の末端は、やがて小さな沢になっていきます。

 

少し進むと、沢に掛かった木橋が現れるので、(※道標無し)

木橋を渡って、右へと道なりに進めば、

 

 

下西条・登山口。

 

←35鉄塔 ↑34鉄塔の巡視路分岐でもあります。

 

画像右に、チラリ見えるのは、

巡視路の黄色いポールなんですが…。

うっかり撮り忘れ、ごめんなさーーい。

 

帰りに、ちゃ〜んと写してありますので、念の為。

 

(ダンコウバイ)

 

初めこそ、緩やかな道も、

赤松林のつづら折りの道になれば、急登の始まり。

 

巡視路に付き物のプラ階段ですが、

この山では、石段みたい。

 

石段の多くが、

巡視路のカーブに付けられている所を見ると、

雪の重みで流れないように、

土留めの役割を兼ねてるかもしれませんね。

 

(タムシバ)

 

つづら折りの道が終わると、傾斜が少し緩んできます。

 

明るい草地にポンっと出たーと思ったら、

 

(34鉄塔)

 

1,025m峰。

 

ここで、ランチ休憩にしてからの〜

 

 

下西条展望台。(丸太ベンチ有り)

 

塩尻の街並みがチラリ見えますが、ご覧の通りの薄暗さ。

 

ここは休憩せずに、通過です。

 

 ←明るさ補正した画像なり。

 

(道形明瞭。但し、道標は一切ありません)

 

相変わらず、赤松の多い林に、

 

リョウブ?も加わったお陰で、明るい道になってきたーわくわく

 

 

ようやく、『ブナの分れ』に到着。

 

当初、ここで止めるプランでしたが、

天気が良いし、折角なので、山頂を目指すことに。

 

ここから、歩いた事がある道です。

 

 

▲8年前の画像ですけど、

 

道標がキレイな上に、

新道の道標が無かった時代なんですねェ。

 

 

男の子は、まっすぐ。

 

女の子は、右へ。

 

 

▲8年前の男坂・女坂の分岐。

 

道標は、ナント手書きですよー。

 

8年経って、道標も進化してるようですきポケモンピカピカー

 

ということで、

男坂と女坂の合流点を経て、

 

(高ボッチ方面)

 

霧訪山頂。

 

14時過ぎてるのに、こんなに綺麗に見えてるなんて、

なんて運がイイんだろう!!

 

前回より、イイ天気だよーん矢印上かお手ハート

霧訪山と相性イイのかな??

白い山並みがはっきり見えるじゃーーん。

 

 

南アルプス

 

 

八ヶ岳と、茅ヶ岳。

 

 

中央ア

 

 

北ア、常念岳方面。

 

 

霞みがかってるけど…白馬岳方面。

 

 

360度の絶景を堪能しながら、

3人思い思いに、暫く寛いでおりました。

 

 

 

 

 

 

4月23日・後編へつづく。

 

 

 

 

スポンサーサイト

Comments

Leave a Reply