梅雨の晴れ間の、水辺さんぽ (6/24)

 

夏日となった、

 

6月24日。

 

(『柳原水閘」…明治時代の建造物のようです)

 

今日は野暮用有りで、半日動けない日。。。涙

 

ちょこっとだけでもイイから〜と、

 

午後から、散歩へ出掛けて来ました。

 

 

 

(ヘラオオバコ )

 

目的地へはやる気持ちとは裏腹に、

 

後悔したくない気持ちが、いつも足を止める。

 

 

珍しい花ではなくても、

 

不思議と、毎年見てしまう野の花に…ネジバナがあります。

 

しっかし、この花ってば、どこか変だぞ。

 

 

気持ち悪い位、ほぼ整列してる〜〜ネジバナちゃん。

 

たまーに、こういう『捻くれ者』もいるから面白いんだよね笑

 

 

さぁて、目的地へ♪

お花は咲いてるかしら〜〜ん??ゆう★どーよ、どーよ

 

 

げげげ〜〜ショボンガーンショボン

 

 

1つ位咲いてるかと思いきや、

 

全部蕾の〜〜ノカラマツでした。ガーン

 

開花は、早くて。。。来週辺りでしょうかねぇ?

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

気持ち切り替えて、次は花探し。

 

赤い茎が特徴なんですが。。。

 

果たして、花期では無いものを、見つけられるでしょうか??きょろきょろ


 

みーーっけたピースかおピースニョホホホ

 

 

しかも、ドライフラワー付き〜〜ゆう★

 

 

タコと言うだけに、水辺が似合いますね。

 

太陽サンサン浴びてるコに対して、

 

 

名前が解らないカヤツリグサの仲間?の下で、

 

細々と生きてるコ達。

 

手放しで喜ぶには、まだ早いかなー。

 

 

ユキノシタ科 / タコノアシ

 

環境省RDB / 準絶滅危惧(NT)

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

荒れ地に咲く適応力があっても、

自立する力が弱い植物にとっては、

河川の氾濫や撹乱(荒天被害も含め)が命取りになってしまうのでしょう。

 

 

花期は、8月。

機会あったら、また覗いて見ましょう。

 

 

オオヨシキリに誘われて、こんなのも見つけたよ。

 

 

ハナハマセンブリです。

 

残念ながら、花は終盤でしたが、

 

ここにもあるとは〜〜知らなかったなぁ。

 

 

予想外の花に、気分良くしたところで、

 

そろそろ帰りましょうか。

 

 

 

スポンサーサイト

Comments

はなねこ
2017/07/01 21:31
ハナハマセンブリって、初めて見ました。
千葉県の湿地(ざっくりすぎるかな ^^;)って、私が普段お目にかかれない植物がけっこうありそうです。
あ、タコノアシは一箇所ですが、毎年見られるところがありますけど。
地味めのお花も、お馴染みさんは 毎年気になりますね。
れれちゃん
2017/07/02 16:07
はなねこさん、

川の側なので、湿地で間違いないですよー^^;
ハナハマセンブリを初めて見たのは、海が目の前の…葛西臨海公園でした(笑)

千葉、神奈川、静岡に同じ花が多く見られるのは、
大昔は、陸で繋がってた…と云う大陸説があるんで、
神奈川にもありそうな感じはしますが…どうでしょうかね??

タコノアシは、いつも季節外れに見てるから、まだお花見てないのですよぉ。
はなねこさんの観察場所…多分、あそこでしょ〜??
東京の田んぼ…(笑)行ってみたい所の1つです(#^.^#)

この日、トビハゼと蟹とウシオハナツメクサにしようかな?
迷ったけど……次に繋がって良かったです(#^.^#)

山も、川も海も、里も湿地も、
それぞれ違う魅力があって、自然とその面白さを知ると、
ついつい気になって、出掛けたくなります。
でも現実は、なかなか思い通りには行きませんが…(T_T)

Leave a Reply