緑輝く @千葉県・北総台地 (4/21) 

 

4月21日。

 

(水が満ち始めた田に、空が映える)

 

今日は、いつもの観察会が終わった後、

そのまま移動して花散策を…目論みちゅ〜

いつもと違う大きなザックに

三脚とタケノコご飯をしのばせて、お出掛して来ました。

 

 

(アカガシの説明を受けてます)

 

今日は、珍しく大所帯。

 

参加者40名で賑やかに、観察会はスタート。

 

 

4月の第3週目…なのに、

森の中は、早くも緑一色。

 

初夏のような強い光が射しこんで、

気温がグングン上がりそうだ。

 

 

ジュウニヒトエや

 

 

ジロボウエンゴサクは、早くも終盤近し。

 

 

キランソウは花が疎らとなって、見頃が過ぎた様子です。

 

 

仲良く並んだ釣り師の〜 ウラシマソウ。

 

 

透き通って見える、綺麗なマムシグサもおりました。

 

 

爽やかな風に、

眩いくらいの新緑シャワーが降り注ぐ。

 

(イカリソウ)

 

地面に落ちた…藤の花びらを眼で追っていると

 

 

ナンダコリャ。顔文字?

 

アミガサタケに似てるけど…傘の形が変。

 

後で、S本さんに聞いて見ましょ〜〜と不明菌を採取すると、

 

 「後10分しかないよー

  もう間に合わないんじゃないの?」

 

言われてみれば、

観察会って、いつも11時キッカリで終わるんだよね。

まぁ、私の脚でも10分あれば下れるさ…ゆう★

 

(ホウチャクソウ)

 

一足お先して〜きのこ片手に、1人ぐんぐん下って行くジョギング急ぐ急ぐ

 

気になるものは見ながら、

11時ピッタリに、とうちゃこ!!

 

 

ナイフでキノコを切って見ると、

中が空洞…「アミガサタケ」で良いみたい。

 

普通、傘の形は円錐型をしてるのですが

何かの衝撃で、曲がったのではないか〜とのことでした。

 

(ニョイスミレ / ツボスミレ)

 

観察会終了後、

延長組とは再合流する約束をして、一旦お別れ。

 

タケノコ堀りチームのご指名を受けて、

 

 

竹林へ。

 

タケノコを貰った後は、畑へ移動。

 

(ムラサキサギゴケ)

 

意外に時間掛かっちゃったから、もう帰っちゃったかな〜

って思ってたら、まだいて良かった!わくわく

 

 

延長組と再合流。

3人→4人、最後は5人に増えたところで、、、そろそろお開きの時間。

 

(イヌザクラ)

 

午後の予定は、

タケノコを貰えると決まった時点で、アッサリ取止め〜〜汗

重たい物欲と共に帰ったのでした。ちゅんぷ

 

 

 

スポンサーサイト

Comments

Leave a Reply