いにしえに想いを馳せて (5/6)

 

5月6日。

今回の記事、毎度のごとく、ダラダラと長いです笑

 

 

不思議な伝説のある古刹へ。

 

花さんぽしてきました。

 

 

 

 

 

追い出されるように家を出れば、目的地までの電車旅。

 

(京急120周年×リラックマ15周年のコラボ企画 「しあわせのキイロイトリ号」)

 

こーんな脱力系の電車に乗っちゃったお蔭で、

のっけから予定が狂う〜ハプニングぅかおぷ

 

 

そろそろ、12時だよ??

 

リラックマに急かされて?ごゆるりと、しゅっぱ〜〜〜つゆう★

 

 

 

ミヤコグサ

 

(ラミーカミキリ)

 

いつものごとく、道草しながら、ようやく目的地へとうちゃこ。

 

 

先ずは推定樹齢650年のスダジイに、ご挨拶。

(※樹齢は、市の調査によるもの)

 

(乳根(ちちね)と言われる気根が出ている老樹・銀杏)

 

2本の老樹は痛々しい程、欠損部分が目立っていて

樹勢はかなり弱ってる様子。

 

こんな異形な姿になっても、新しい枝をどんどん伸ばしていく

たくましい生命力に、神々しさを感じる。

 

(早くもアジサイが咲いていた)

 

今日の目的の花は、オレンジ色の小さな花。

 

初めて見た時、古木の梅と杉に着いてたんだっけ。

この花の仲間を加えたら、古木の桜に、イチョウ…。

 

だけど、樹を選ぶのかなぁ??顔もやもやん〜〜わかんないや。

 

 

今日は、陽の光が眩しいくらい、良いお天気晴れ

 

だけど、時折、吹く風がちょっと強いかなぁ。

 

って考えていると、

 

 

おっ…おっ…おおーーっと。

 

みーーつけたき矢印上ピースぷぷピース

 

(ヨウ…)

 

咲いてないかも〜〜と思ってたんで、

 

 

これは、嬉しい誤算だき矢印上

 

 

 

ー木は不明ですが、枯れた樹に着いておりました。

 

 

⊃篦蠎齢150年のイヌマキ、発見!!

 

貫禄ある樹でした〜〜

 

(桜の古木は、ソメイヨシノかな?)

 

樹を見ていたら、フト頭をよぎったこと。

近くに水場が無いのに、何故咲いてるのか?

 

何でもそうだけど、花が咲くには条件がある。

わかんない時こそ、原点に戻れ。

 

水場が無いのに、空中湿度が高い理由は?

えっっと…もしかして?ひらめき

 

今日は奇しくも、風が強い。

風の通り道を調べてみると、

 

 

ずの樹。

 

 

5本目も!

 

 

Δ気垢に、滑らかな木肌じゃあ着かないだろ〜〜

 

って、マジかよ!!

侵入者は、窪みに有り〜〜がーん汗汗

 

 

7本目は、クロマツ。

 

 

8本目は、たぶん、八重桜。

 

もーいいや…って振り返ったら、

 

 

まさかの9本目。。。ぷぷぷぷ

 

 

これほどまでの数を見たのは初めてだけど、

 

 

温暖化の影響なのか?

 

生き生きしてるコより、乾燥気味のコが目立っている様子、

かなり衰退し始めているような?感じがしました。

 

 

またおいで。。。また来ますネ。

 

 

あーーー。水場の謎が解けたぞ〜

そっかぁ、谷津田だったんだね。

 

 

ホタルカズラを見つけたら、そろそろタイムリミット。

 

 

お帰りも、キイロイトリ号で。

 

 

ごゆるりと帰ったのでした。

 

 

 

 

スポンサーサイト

Comments

Leave a Reply