海上保安制度創設70周年、観閲式 (5/19)

 

5月19日。

今回の記事は…毎度の如く、ダラダラ〜と長いですうんうん

 

 

友達に誘われて、海上保安庁の観閲式へ。

 

普段乗れない巡視船に、乗船してきました。

 

 

(福岡海上保安部所属 / ヘリ2機搭載型巡視船「やしま」)

 

東京駅で集合して、バスで晴海埠頭へ。

 

海上保安庁音楽隊の歓迎演奏を見ながら、

 

舞鶴海上保安部所属 / ヘリ1機搭載型巡視船「だいせん」)

 

PLH10巡視船「だいせん」へ。

 

東京より、巡視船「そうや」「やしま」「だいせん」の3隻と、

横浜より、巡視船「いず」が海上で合流。

今回の観閲船は、合計4隻の船隊で進行するようです。

 

 

海保庁の観閲式って、超人気の式典らしく

前回の倍率は…ナント!6倍と云うからビックリびっくりビックリ

 

今回、6年振りなので、かなりの狭き門だったに違いない。

そんなプラチナ・チケットを4枚ゲット出来たなんて〜〜!

乗船出来る私ってば、幸せ者だよねき矢印上

 

(ゆるキャラは、うーみん…かしらん?)

 

11:45

受付にて、持ち物チェックを受けてから、いざ乗船!!

 

ランチを食べてからの〜船内パトロール。

 

 

すべて異常ナシ!!笑

 

汽笛を2回鳴らしたり、出港10分前のコール有り。

 

 

13:00

 

タグボート「武蔵」に手伝って貰って、徐々に離岸していきます。

 

繋いだロープが外され、いよいよ出港のようです!!

 

 

晴海埠頭にいる皆さんが、手を振ってくれてるのが嬉しいなぁ。

 

バイバイ顔ばいばい TOKYO〜〜!!

 

 

バイバイ顔ばいばい

 

 

レインボーブリッジ。

 

 

前にいる、巡視艇「やしま」は、3番船。

 

私達が乗船してる「だいせん」は、4番船で一番最後。

 

 

後ろは、巡視艇「いそぎく」…だったかな?

 

私達を見守ってくれてると思うと、ちょっぴり、VIP気分?ちゅんぬぁんて勘違い

 


 

14:00〜

観閲式及び総合訓練の始まり。

 

ほんの1部ですが、ご紹介。

 

(消防艇の後ろに見える3本の煙突は、姉ヶ崎だとか)

 

消防艇の放水展示。

 

食紅で色付けしてるので、環境には優しいみたい。

 

オレンジの放水している、小型の消防艇「ちどり」

以前、江戸川河口で停泊してる所は、見たことあるんですが、

動いてるシーンを見るのは、初めてなり。

大型船では入れない場所で、活躍中。

 

 

海上防災訓練。

 

 

 

テロ容疑船捕捉・制圧訓練。

 

(海猿というより…ワンピースの海軍みたいだよ〜かお・・・汗

 

14:50〜

フェアウェル

 

37隻の船艇と、航空機15機が、最後のパレード。

 

 

神奈川県所属の護衛艦「はたかぜ」

 

威圧感が半端ない〜一番異質な船だったかも。。。

 

 

最敬礼したり〜手を振ったり〜踊ったり〜

 

三線の音色や阿波踊りとか色々と〜

地方色濃くて、すぐ解かるお国柄。

これって、一種のお祭りなのね〜〜ん。

 

 

消防艇の放水で、フィナーレを飾る。

 

 

再び、レインボーブリッジ。

 

(晴海信号塔の文字は航路信号、「F」とはfreeの頭文字で、入出港が自由と言う意味。)

 

welcome! TOKYO

 

 

いつのまにか、タグボート「武蔵」

 

「おかえり」って言ってるみたいに、寄り添っていた。

 

 

 

17:00〜

 

無事、下船。

 

残念な空色でしたが、

最初の天気予報が雨予報だっただけに

降られなかっただけ、良かった。

 

なんだか夢の中にいるような、素晴らしい船旅でした。

 

 

********************************

 

海上保安庁

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

Comments

Leave a Reply