出動!〇〇捜査一課〜1時限目 @横尾山 (5/26・前編)

 

5月26日。

今回の記事は、前編・後編の2部構成です。

 

ハーイ。毎度のごとく、ぐだぐだと長いでーす。

 

(瑞牆山、金峰山を望む)

 

1年振りの山歩き。

 

山梨県と長野県の県境にある横尾山へ。

ゆるゆるとパトロールして来ました笑

 

 

 

甲府駅、7:50。

 

今日、タッグを組むピカリ☆さん号(HP:ピカリのお部屋)にピックアップしてもらい、

一路、信州峠を目指します。

 

(石垣の棚田より、甲斐駒を望む)

 

今年は、季節の進みが早いとは言え、

急な寒波到来に、田植えが出来ない所もあるんだとか。

 

ココも、やっと…って感じかな。

 

(センダン)

 

のっけから、寄り道いっぱい。

 

今日の予定を聞けば、盛り盛り沢山。

大雑把な2人がタッグ組むとどうなるのか〜?

全ては、時間が勝負になりそうです。

 

(ハルゼミの抜け殻、2僂阿蕕)

 

信州峠。

 

今日の指名手配は、3件だとか。

 

(ミヤマハコベ)

 

ハルゼミの大合唱を聞きながら、捜査開始〜!!

 

 

サナギイチゴ (猿投苺)  <バラ科>

 

 環境省RDB / 絶滅危惧粁(VU)

 長野県RDB / その他・留意種(N)

 

 

樺系の多い樹林帯から、落葉松林へ。

 

(ベニバナツクバネウツギ)

 

やがて、岩場が目立ってくると、

 

 

ツツジ系のおでましデス。

 

 

 

サラサドウダン。

 

 

赤みの強い…ベニサラサドウダン。

 

 

トウゴクミツバツツジから

 

 

レンゲツツジへバトンタッチすれば、

 

 

ぽんっと、カヤトの原へ到着した。

 

  「北岳が見えるよ〜〜」

 

 

南側は、南アルプスがずら〜りと、うっすら富士山。

北側は、高原野菜のビニール畑。

 

 

前は、八ヶ岳。

 

(後ろは、瑞牆山と金峰山)

 

地面を見れば、そこは高原。5月の茅場なり〜〜きキラーンキラー―ン

 

ここで、1時間は時間潰せそう〜と

今日は、ここまででもうイイよ〜って言ったら、

もう少し先へ行くよ〜とな。

 

すっかり忘れてた!お花のこと。

目の前のカヤトを見てたら、ウッカリチャッカリ、すり替わる所でした。

 

 

指名手配・その

 

 アズマギク (東菊)   <キク科>

 

  長野県RDB /  絶滅危惧粁(VU)

 

残念ながら、やや見頃過ぎ〜〜(初見)

 

 

スミレ

 

 

エゾノタチツボスミレ

 

 

 

アカフタチツボスミレ

 

 

サクラスミレの中で、

 

 

葉の葉脈に赤い斑が入る個体を

 

(血潮で、どうもすいません?…林家三平風)

 

指名手配・その

 

 チシオスミレ(血潮菫)と言うらしい。(初見)

 しっかし、このネーミングは酷過ぎる…

 アカフサクラスミレでもイイじゃんか〜。

 

 

縦横無尽に彷徨ってると、

 

 

残り花のヤマナシ、みーーつけた♪(初見)

 

 

お祭り後のヒメイチゲの中に、

ギリギリセーフのツバメオモトも見つけたョ。

 

(ミヤマスミレ)

 

そろそろ、12時。

 

ランチを食べたら、午後に備えて、もう下りましょう。

 

 

お帰りも、カヤト天国から。

 

カヤトの中を笑いながら歩く変態さんは、我々だけですよ。

すごいぜ!昆ちゅ…じゃなくて、植物〜!

 

 

名残惜しいのですが、

そろそろ、宝の山ともサラバの時間です。

 

 

何故か、荷物が増えた帰り道。

 

 

緑眩しい中を、ゆるゆると下って行きます。

 

(ワダソウ)

 

残念ながら、3つ目の指名手配は見つからず。

 

ホットニュースをゲット出来ただけでも、

1歩前進〜ってことで、捜査は打ち切り〜〜

 

信州峠まで戻ったのでした。

 

 

 

 

5月26日・後編へつづく。

 

 

 

 

スポンサーサイト

Comments

Leave a Reply