嶽きみと、自家製・果実酒。

 

「嶽きみ(だけきみ)」とは、青森県ブランドのとうもろこし。

 

岩木山麓にある嶽地区で採れる〜とうもろこしのこと。

とうもろこしを津軽弁で、「きみ」と呼ぶ。

 

(茹でたての とーもろこし)

 

最後の1袋。3つ入り398円。

残り物には福がある…ちゅーわけで買ってきた。

 

茹でてみたら、まっ黄っき。

なんだ!この糖度は〜!ヤバうまだよ〜!

 

急遽、魚網を出して、

コンガリーニョに焼き目を付けたら、

しょうゆ・みりん・砂糖の甘辛ダレに絡めて

屋台風とーもろこし。

 

 

 

 

昨日、残りの1つを、とうもろこしご飯に。

後は、きのこと海老のアヒージョとやらを作ったくらいで…

思いっきり、手抜き飯でがんす。

 

こじゃれたアテにあうモノ。

折角だから、秘蔵酒を出しちゃおっかな〜〜(๑́•∀•๑̀)ฅテヘ-

 

 

産地は、↑ここ。

 

製造日は、平成17年9月23日。

 

(ボケボケですが…原材料)

 

雲取山へ行った時、

重たい荷物を持ってくれた山仲間に呑ませたくて、

小さなペットボトルに入れて持って行ったら、

珍しいお酒だからと、あの時、小屋にいた全員に(8人位)少しずつ振る舞ったんだよね。

 

木の実の名前を言っても、誰一人わかんなかったので、

「効能は疲労回復。。。マタタビの仲間だから、強壮剤ww

だから、明日はみんな元気になっちゃうよ〜!」

笑いながら言ったら、もう全員大爆笑&大盛り上がり。

向こうから振る舞い酒が来たりして、酒豪達の夜は更けて行ったのでした〜。

 

思えば、イイ山旅だったなぁ。。。

なぁんて、懐かしいことを思い出しちゃったりしてww

 

 

こやつが幻と言われる所以は。。。

 

つる性なので、高すぎて採れなかったり、

引っ張っても、実が付いてこなかったり、

なかなか上手く出会えるパターンが少ないせいかな。
 

 

岩手県の束稲山(たばしねやま)産のは、

色が変わる前に、呑んじゃったんで。。。

 

初めて見る熟成色に、テンションアップ♪…..ヾ( 〃∇〃)ツ キャーーーッ♪

 

イイ感じに熟成して〜もう笑いが止まらんぜよ。

 

 

れれちゃん謹製・さるなし酒は、蜂蜜入り。

 

氷砂糖を入れない代わりに、蜂蜜を入れたから、

べたつく甘さにならず、後味スッキリ。

 

雲取で飲んだ時と違う味。

まろやか〜〜ww

 

後で、強炭酸水を仕入れとこ〜〜(*^^*)

 

 

 

スポンサーサイト

Comments

asa
2018/09/16 20:34
こんばんはー。
嶽きみ、なつかしいなーと
見てました。
asaも13年に岩木山登って、下山の
嶽温泉バス停で食べてたんですよね。
って、そのレポふりかえったら
れれちゃんコメント下さってたんですね。
れれちゃんも岩木山麓で食べましたかー。
そしてもうすぐ秋海棠の
時季でしょうか。こちらもリベンジせねば。(^^ゞ
れれちゃん
2018/09/17 07:08
asaさん、おはようございます(^^)/

おっ!産地直送の嶽きみ、イイナ〜♪
採りたてホヤホヤだったら美味しかったでしょうねぇ(^_-)
岩木山はね、とうもろこしが終わって、リンゴの季節でした(笑)
赤主体の紅葉だったんだけど、霜げてしまってキレイじゃなくて^^;
でも、あの時行って良かったな〜って今つくづく思います。

椚平のシュウカイドウ、見頃みたいですよ。
写真を見てビックリしたんだけど、鹿柵が。。(>_<)
2年前の鹿害で、株数が激減したみたい。
それに今年の天候不順も加わって、良くないみたいですよ。
asaさんちからでも、都幾川は行きにくいですよね?
今年は、見送った方が賢明かも〜〜
一応、開花状況を貼っておくので、これ見て決断してちょ(^_-)

椚平のシュウカイドウ
http://www.town.tokigawa.lg.jp/forms/info/info.aspx?info_id=12509

Leave a Reply