白い花の季節。 @千葉県・北総台地 (5/18)

 

5月18日。

 

閲覧注意事項がありましてん。

今回の記事は、お豆腐を食べながら見ないで下さいww

え?何でかって?読めばわかります(^^)

 

 

久し振りに観察会へ行ってきました。

 

 

 

 

 

スタート早々、

目に飛び込んできたのは、エゴノキです。

 

 

白い花で、下向きに咲くのが特徴です。

 

 

葉っぱをよく見ると、オトシブミの揺籃が。。。

 

エゴツルクビオトシブミのゆりかご…でしょうか??

 

(エゴノキの花びらは、普通、5枚からなる)

 

エゴノキの花は、「合弁花(ごうべんか)」と言って

花びらがくっついています。

 

花が終わると、

花びらが離れず、そのまま落ちるのは、そういう訳で。。。

 

ちなみに、合弁花の反対は「離弁花(りべんか)」

代表格は、桜など。

 

(花びら4枚のものと、5枚のもの)

 

同じ樹から、4枚の花びら。

 

真面目に探せば、6枚とか。。。

7枚や8枚なんてのも、稀ですが…あるようです。

 

 

ウワミズザクラは、花が終わって、実の成る季節へ。

 

 

ウワミズザクラの樹の下で

振る舞われたのは、14年物の古酒「ウワミズザクラ酒」

 

黒く熟した実を焼酎に漬けるのですが、

これ作るのに、実を採るのが大変そう。

 

 

谷津田を歩いて行くと、カエルさんがピョコピョコと。

 

 

シュレーゲルアオガエル。(初見でした)

 

当地では、あまり出てきてくれない、

珍しいカエルさんなんだとか。

 

体を触ると、木綿豆腐に似てるって〜〜??

 

それは、木綿豆腐に失礼ですわ。

カエルさんに触りたい気持ちは…

全くの、ずぇんずぇん、これっぽっちもありませんのでぇぇぇ。

だって、無類の豆腐好きな私は、カエルは苦手だもの。

 

 

ノイバラ。

 

(スイカズラ)

 

観察会が終わって、

除草ボランティアをしながら、畑を2軒ハシゴです。

 

聞けば、先月、除草したばかりだと言うじゃない。

既に20センチ強に伸びたヤブガラシちゃん。

生育旺盛で、大きくなると根深くなるので、

畑の厄介者なんだとか。

 

(左上より、スナップエンドウ、ワラビ、フェンネル、ほうれんそう)

(左下より、ソラマメ、サニーレタス、青梗菜、ルッコラ)

 

共同畑のフェンネルを株ごと引っこ抜いてしまったのは私です。

本当にゴメンナサイ。。。。。海より深く反省ちゅーー(T_T)

 

これもイイよ、あれもイイよ。そっちもイイよ。

って言われたので、

根っこ以外は、全草、食べられるのを知ってたので〜〜ついつい^^;

 

フェンネルに敬意を払って、ちゃんと全部食べるつもりです♪

(やっちまったもんは仕方ないと、既に開き直ってるww)

 

 

 

 

スポンサーサイト

Comments

Leave a Reply