緑多き、2つの森をゆく (6/16)

 

6月16日。

 

 

6月の北総は、花の少ない寂しい時季、

そんな緑多い2つの森をパトロールしてきました。

 

 

 


(マンリョウの実)

 

交通量の多いバス停から降り立ち、

里山への登り口に到着すると、

初めての筈が、見覚えある景色に見えます。

オカシイナァ…あれれ?あらまぁ。

来た事ある場所だと気付かされたのは、この後見た看板でしたww

 

というわけで

昔の記憶を頼りに進んでゆきます。

 

 

森の奥へと進むと、

ヤマユリの蕾が少し膨らんでおりました。

 

 

水辺に下りると、ハンゲショウ。

花穂が上がり、葉の一部が少し白くなってきてます。

 

ちなみに、

今年の「半夏生」は、7月2日。

 

(ミドリハカタカラクサ<トキワツユクサ> / 要注意外来生物)

 

目的の花は、空振り。

今回は残念だったけど、まだまだチャンスはあります。

これは、またの宿題にしましょう。

 

とりあえず、全部の道を歩き終わって

帰るにゃあ、まぁ〜だ早すぎるんだよなぁ。。。と。

 

 

ロッテ号で場所移動。

 

 

2つ目の森は

クララ大好き、熊蜂が飛び回る草原です。

 

 

一心不乱に、吸蜜ちゅう。

両足に花粉だんごを付けてるのが可愛いよね♪

 

 

写真見づらくてすみませんが、

コバノカモメヅルは蕾硬く、まだ色付いていませんでした。

 

 

色気の無い花ばかり見てると、

ナワシロイチゴが可愛く見えるの巻〜〜ww

 

 

 

開店準備中のオオバノトンボソウ。

 

 

花穂が出て来た、ウツボグサ。

蕾を持つのは、もう少し先の様子です。

 

 

おっと。。。。スズサイコじゃん。

 

いやぁ、、、出てると思わなかったなぁ〜〜

 

 

しかも今日、咲きそう。

今日一番のビックリでした。

 

 

 

※別扱いにした花が幾つかあり、

 ピックアップ記事へとつづきます。

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

Comments

Leave a Reply