ホタルと、虎 〜2つの似た者同士 

 

先日見た花のピックアップ記事、2回シリーズ・その

今回のテーマは、2つの「似た者同士」です。


 

ホタルブクロのそっくりさんは、

 

 

ヤマホタルブクロ。

 

見分け方は、萼片にあり。

ヤマホタルブクロの萼片は、反り返っているのが特徴です。

 

 

蕾を持った、オカトラノオ。

 

(茎の上部にある白いモノは、カイガラムシにも見えるけど…病気かな

 

オカトラノオは、日当たりの良い草地に生える植物

葉の基部が赤くなっているのが特徴です。

 

ヒマワリのように、同じ向きで咲くのは

同じ地下茎で繋がってるから

群生しやすいのも、そういう理由からみたいです。

 

トラノオと付く名前は幾つかあるのですが

このコのそっくりさんが、当地に1種だけおります。

 

 

ノジトラノオ 

 

 サクラソウ科

 環境省RDB:絶滅危惧粁燹複孱奸

 千葉県RDB:要保護生物(C)

 

 

 

ノジトラノオは、

オカトラノオと住んでる場所が違って

やや湿り気の多い草地を好む傾向があります。

 

***

 

トラノオが交雑すると、名前が変わるのですが

(ノジトラノオ×オカトラノオ=ノジオカトラノオ)

当地は住み分けてる様子なので、

交雑する可能性は、低いと思っています。(個人的見識です)

 

 

まだ蕾が付いてない状態だったので、

以前見たノジトラノオの写真でも。

 

(花は、オカトラノオより小さく、花数が多い / 2011年7月10日撮影)

 

今年は天候不順なので、これから蕾を持つのか謎ですが…。

(開花株の場合は、草丈の高さに関係無く、花は咲きます)

 

同じ場所にあると喜んだり、

昔見た場所に無くなっててガッカリしたり、

違う場所にあったと発見したり、

今日も一喜一憂。

 

また見に来よう〜〜♪

 

 

 

 

スポンサーサイト

Comments

Leave a Reply