コクラン (黒蘭)

 

先日見た花のピックアップ記事です。

 

 

◇コクラン (黒蘭)

 

 ラン科 クモキリソウ属

 

 黒い花なので、この名がついた。

 薄暗い林床を好む、常緑の多年草

 

 

 

 

 

  

(右に、ちらりと見える濃緑の葉が、去年の葉っぱです)

 

普通は、薄暗い常緑樹や針葉樹の林床を好む植物なのですが

ここは、正反対の雑木林(=落葉広葉樹)

 

こんなに明るい場所にいるなんて、不思議でしょ?

最初は、ホントに驚きました!

 

(笹の葉に、花の影)

 

現在は雑木林ですが、昔は針葉樹林だったという

森にも歴史があります。

 

(花が終わると、葉が展開していき、やがて濃緑色となる)

 

コクランの近辺には、

少し離れて、ハナイカダやゼンマイがいること、

少数派ですが、針葉樹と低木の照葉樹がいること、

加えて、窪地のような地形であることが

やぶ蚊が出るような(笑)やや湿った環境を作りだしている…ような気がします。

 

 

房総丘陵や、高尾山系で出会ったコクランは、

針葉樹林の下にて

ぼっち系の…単独でいることが多かったのですが

当地では、雑木林(=落葉広葉樹)にて

コクランの傍らには、ジャノヒゲとヤブコウジがいます。

 

(コクラン、見頃 / 全体的には中盤 /6月20日撮影)

 

里では共生できるよう、進化してるのでしょうか?

コクランは着実に増えている

…ってことは、共生しているってことなのかな?

 

照葉樹や針葉樹の下を、ずーーっと探していた私には

空前絶後の光景に見えて

ただただ先入観って恐ろしいなーって思ったのでした。

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

Comments

2020/06/25 09:23
れれちゃん こんにちは!
コクランに出会えて、嬉しいですね。
そうですか・・そんな環境にもいるのですか。
あ、もちろん 森の歴史を知らないとわからないことですね。
私もそろそろ見に行ってみます。
れれちゃん
2020/06/26 07:38
はなねこさん、おはようございます。

もうねぇ、振られてばっかりだったので
6月の第2週が雨で…ヤバイな〜って思ってたんですよww
「ぼっち系」じゃないって解る写真でしょ(^_-)
普通は、カメラのフラッシュが自動点灯するような場所にいるのにね。
明るい場所なので、サイコーでした。

そぉいえば、市原の花友さんちの近所にいるコクランは、竹林に住んでいるのですって。
でも、随分前にお持ち帰りされてしまったらしく、その後増えないって聞きました。
クモキリが終わる頃だから…そろそろですねェ(#^.^#)イヒヒ
大株の花に出会えますように。花付き良ければイイですねぇ♪

Leave a Reply