イヌビワ (犬枇杷)

 

先日見た樹木のピックアップ記事です。

 

 

◇イヌビワ (犬枇杷)

 

 クワ科 イチジク属

 

 ビワと比べ、美味しくないことからイヌビワと名付けられた。

 落葉低木で、雌雄異株。

 雌の樹に生る実は、イチジクに似た味で生食できるが、

 種が多いので、主にジャムとして食べられる。

 雄の樹に生る実は、固くて食べられない。

 小蜂に寄生されることが多いのも、特徴の1つである。

 

 

 

イヌビワとホソバイヌビワの中間型と言った感じでしょうか。

名前の通り、葉っぱはビワに似てるかな。

 

海の近くにお住まいだと、

葉に厚みが出るらしいけど…

特に、厚ぼったくもない感じ。

 

 

葉っぱの下をよく見ると、

小さな実が付いていました。

 

「イヌ」って名前が付いていると、

不味くて食べられない=役立たずのイメージが強いけど…

 

 

10月〜11月頃、

黒紫色に完熟したら食べ頃なりよ〜(笑)

 

 ※ちなみに、ここは公園。

   採取禁止なので見るだけにしてねんww

 

(8月2日撮影 / イヌビワ、雌株の実 / 食用可◎)

 

ミニ・イチジクそっくりな実。

何で、ビワって名前が付いたのか?

不思議よねぇ。。。(。´・ω・)?

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

Comments

Leave a Reply