ミラクル!トンボ祭り (8/8・後編)

 

8月8日・前編からのつづきです。

 

タイトルはトンボ祭りですが、

トンボの写真は1枚もありません、悪しからずですぅー(=゚ω゚)ノ

 

(ミソハギ / 長田谷津にて)

 

いつもの如く、斜面林を通っていけば……

 

 

 

 

 

 

春と勘違いしたクサボケの下には

 

 

手持ち花火のような

ツルボが咲き始めていました。

 

そして、長田谷津へ。

 

 

今日は、里山から巡ります。

 

 

ようやく見頃を迎えた〜ヒヨドリバナです。

 

 

キツネノカミソリは、花が終わった株ばかり。

今年はどうも…これがラストランナーの様子です。

 

しっかし、数が少ないんだねェ。

 

 

カブトムシの保護地へ。

 

晴天が続くと、沢山出てくる説は…本当だったぁ!!!

本日、15匹もいましたよ〜!!

 

(スズメウリ、雌花)

 

年配の男性「これ何て名前の花なの?」

 

れれ「これは、スズメウリです」

 

年配の男性「よく見るんだけど、名前がわかんなくて」

 

れれ「これなら、○○の横の方が見やすいですよ」

 

年配の男性「行って見るよ」

 

(スズメウリ、雄花)

 

れれ「わかりましたか?」

 

年配の男性「うん。これでしょ?スズメウリって」

 

れれ「そそ。(野草の名札を指さして) 間違いないっ!!(。-`ω-)」

 

年配の男性「あっ…名札…Σ(・ω・ノ)ノ!」

 

れれ「アハハ(#^.^#)」

 

男性(80代前半ぐらい)と少しお話したら

大町門から来る友達と合流するようで。。。

ここでサヨナラしました。(=゚ω゚)ノ

 

(ジュズタマ)

 

先ほど会ったオジちゃんが、手を振りながら

前から歩いてきます。

 

れれ「お友達には会えましたか?」

 

年配の男性「うんうん。これからベンチまで行って、おしゃべりするの」

 

れれ「あらまぁ〜行ってらっしゃい♪(=゚ω゚)ノ」

 

年配の男性「(^o^)丿」

 

(保護の為、移植されたフジバカマ / 蕾硬い)

 

今日はオニヤンマがいっぱい飛んでいるので

不思議と、行き交う人からトンボの話ばかり聞きます。

 

 

キツネノマゴ

 

 

ミズタマソウ。

 

(ユウガギク)

 

最後に、彼岸花を見てから帰ろうと思ったら、

 

目の前のベンチに座っているのは…

さっきのおじちゃん達じゃないのさ〜

お互い、見てビックリ!Σ(・ω・ノ)ノ!

 

 

最後に、トイレに入ってから、

自転車置き場に向かうと…珍しく、前を歩いている人がいるよ。

 

あれれ?あの人達って…

えーーーーーーーーっ!!

あの2人、確か、ゲート(門は4つある)が違うのに、何でココにいるん?Σ(・ω・ノ)ノ!

そっかぁ、散歩ですか…(〜_〜;)

 

毎日歩いている2人は、地元の方で。。。

最近よく見るチョウトンボの情報を教えて貰った♪

私も見れる日が来るかな?

 

(ヘラオモダカ…かしらん?)

 

ゲートが近づいてきたので

本当に、本当に、2人とお別れです。

 

全員「機会があったら、また会おうね((=゚ω゚)ノ」

 

おじーちゃん達に手を振って見送られながら、

別れたのでした。

午後はトンボで始まり、トンボで終わる…

人との巡り会いも楽しく、摩訶不思議な1日でした。

 

 

※トンボの話は、後日ピックアップ記事にします。

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

Comments

Leave a Reply